Crux's Stardust Diary

クルックスの星くず日記

IMGP4095
予約していたiPad miniが発売日当日(11月2日)に届きました。Apple Online Storeで購入です。
とりあえず触ったファーストインプレッションを載せますね。

iPad mini Wi-Fiモデル 16GB ホワイト&シルバー、28,800円

別に自分はアップル信者というわけではなく、このブログも主にWindows PCを使って書いています。
詳しいスペックとかライバルとの比較とかは他の方の記事が山盛りあるので、あくまで自分の主観です。

●軽い!小さいのに画面が広い!
iPadの印象からすると、とにかく小さくて軽い。長く持っていても大丈夫。
でも、この小ささなのに画面は思ったより広いです。これだけの広さは必要十分な感じ。
小ささと画面の広さのアンバランスさに驚きました。
この程よい軽さ小ささこそが、iPad miniの最大(かつ唯一?)の利点ではないでしょうか。

●質感が高い

IMGP4107
裏面がアルミなこともあってプラスチッキーな感じがなく、安っぽさがありません。
触っていても、適度にザラザラして冷たい感じが心地いいです。
所有欲が満たされるなんて大層な印象ではありませんが、第一印象でいい買い物をしたなと思わせてくれます。
IMGP4131
ボタンもアルミ。よく見ると斜めにカットされたエッジが光って美しい。
細部の仕上げが何気にすごいです。

●縦横比4:3の画面が見やすい 
IMGP4123
画面が細長すぎないためか、小さくても見やすい印象です。
よく言われることですが、この縦横比はやはり良い感じ。

また、写真のようにそれほど無理せず片手でiPad miniの両端をはさんで持つことができました。
この持ち方は結構保持しやすい。
僕は日本人男性では中くらいの手の大きさだと思いますので、手の小さい女性にはすこし厳しいかも。

●今までのiOSアプリが使える
やはりこれは大きいですよね。良質のiOSアプリは大きな利点。 
iPhoneなどで使い慣れたiOSアプリがあるなら、なおさら。

●Retinaディスプレィじゃない?そんなの気にならない
別にiPadのRetinaディスプレイと並べて使うわけではないので、気にならないです。

●価格が高すぎ?うーん…
買ってお金を支払ってしまうと、ライバルとの1万円くらいの違いは、もはや気にならなくなってしまうのが正直なところ。
高級感は断然違うと思います。
ライバルと比べず、モノの出来からすると28,800円はむしろ安いくらいと感じました。
IMGP4105
実際購入して触ってみて、なるほどこの小ささ軽さでこの画面の広さはいいなぁ、と実感した次第です。 

IT関係のメディア記事では、ライバルより価格が高いとかRetinaディスプレイじゃないとかごちゃごちゃ書かれていますが、スペックオタク以外の方は店頭で触って特に大きさを確認し、気に入ったら購入されたらいいんじゃないでしょうか。 

細かいスペックを気に病む程でもなく、かといってアップルは全て素晴らしいと気負うほどでもない。良くも悪くもその程度のものかと思います。

iPad miniを気軽な道具として、ガシガシ使ってゆきたいと思います。

2012.11.17.追加
セカンドインプレッションを書きました。
「予想以上の使い勝手 iPad mini セカンドインプレッション」
http://crux.ldblog.jp/archives/6063575.html
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMGP4082
よく建仁寺に行っています。
気持ちが和む色と風。
畳に座っていると気分が落ち着いてきます。
遠くから来られる観光客と違って、地元の自分はここだけでゆったりした時間を過ごすのです。

IMGP4024
まず、建仁寺に向かう鴨川沿いにて。
京の夏の風物詩、納涼床の解体を行なっていました。
これを見るともう夏も終わりだな…、としみじみ。いや、もう10月も半ばでしょう。
日中はまだまだ暑く、たいがい秋らしくなってほしいところであります。

IMGP4028
暑い中ふらふらと建仁寺へ。
ここは方丈です。拝観料を納め、中へ入ってゆきます。
まだ夏っぽい雲ですよね。

IMGP4034_1
本坊中庭にある潮音庭(ちょうおんてい)。
畳が敷いてあって、座ることができます。

ここでそこそこ長い時間、ぼーっとお庭を見るのが大好きで、この日も40分くらいは居たと思います。
風が気持ちいいんですよね、まだまだ暑いから。

この写真、右端に小さく写りこんでいる男性がわかるでしょうか。長い間座禅を組んで瞑想されていました。
僕は座禅という程でもないものの、しばし魂が抜けていたかも知れません。

IMGP4042
おとぼけふくろうの蚊取り器がおいてありました。
蚊が沢山いるので、蚊取り線香はちょっとした気遣いですね。

IMGP4046
別の角度から見た潮音庭。
まだまだ緑が美しいです。

IMGP4048
建仁寺といえば風神雷神図屏風。
精密な複製品がおいてあります。

複製品といえども素晴らしく、一番上の写真ようにきれいなお庭と合わせて見て過ごす時間はとても上質。
だからここがお気に入り。
京都に住んでいるメリットで、気軽で安く贅沢ができてしまいますね。

IMGP4064
さらに気持ちを深く深くされたい方は、写経もできます。
でもちょっと敷居が高いように感じて、僕はまだしたことがないんです。この時も誰もいませんでした(^_^;)

IMGP4071
雲龍図。
桃山時代の襖絵。重要文化財だそうですが、これも複製品。
禅寺ぽくっていい感じです。

建仁寺はほぼどこも写真撮影可能なので、こうしてブログに載せやすいですね。このブログでも何度か登場しているはずです。

IMGP4063
お庭は、微妙な光のあたり具合、光と影がとても美しいのです。
光は刻一刻と変わってゆく。それを見ていると飽きないですね。
禅寺の雰囲気に馴染んで、少し無心になれたような気がします。

IMGP4088
さあ、もう帰りましょう。
帰り道、鴨川の上にかかる雲は、すっかり秋雲になっていました。

PENTAX K-7 with TAMRON XR DiⅡ 18-200mm F3.5-6.3
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMGP3900
やっと涼しくなってそろそろコスモスが見たいなと思って、ちょっとドライブしてきました。

IMGP3915
京都・嵐山-高雄パークウェイ
京都市の西山を走っており、なかなか快適なドライブウェイです。展望台が何箇所かあり、京都市街が一望できます。
これだけ見晴らしがいいと、なんだか気持ちが軽くなるよう。

IMGP3866
保津峡をわたる嵯峨野トロッコ列車。
列車に乗るのもいいし、保津川下りの舟に乗るのもいいのですが、展望台からの眺めもいいですね。

IMGP3895
パークウェイの途中にフラワーパークがあり、今の時期はコスモスが見られます。
空と日差しはまだまだ夏ですが、風は涼しく快適です。

IMGP3891
このフラワーパークは山の上なので風が強く、コスモスはいつも風になびくので、写真がブレてなかなか撮れません。
花びらを透過した繊細な光を撮りたいのですが、透過光はは一番上の写真くらいしか撮れませんでした。
やっぱり風はマクロ撮影の大敵です。

IMGP3901オオスカシバ
昆虫たちもよく蜜を吸っています。
写真はホバリングしつつ蜜を吸うオオスカシバ。
シャッタースピード1/160秒で、ハネが止まったように写って透明なのがよくわかりますね。
黄緑色が美しいような、ちょっと気持ち悪いような…。

IMGP3908
パークウェイ沿いに植えられた木々は紅葉しかかっています。
秋真っ盛りになると道沿いが紅葉だらけになり、観光する多くの車で賑わいます。
今年もそうなるまで、あっという間なんだろうな。

PENTAX K-7 with SIGMA DC 18-50mm F2.8 & SIGMA APO DG 70-300mm F4-5.6
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ