posterousは、メールでブログ記事を投稿することが特徴の、アメリカのブログサービスです。
私のposterousブログはこちら→Crux's stardust posterous

posterous captures- (1)

国内のブログサービスでも携帯からメール投稿できるものは多いし、PCからならブログサービスの記事作成画面にアクセスして書けばいいでしょう、なんで今さらそんなブログなの?と半信半疑でした。

でもさすがメール投稿に特化しているだけあって、このサービスは良くできています。文章を書いて写真を添付してメールを送るだけで、読みやすいレイアウトにしてくれます。細かい配置はおまかせだけど、逆に考えると配置に気遣う必要がなく、それで十分のように思えてきました。

使ってみると、気軽にブログ記事が書けるような気がします。それにシンプルなデザインで洗練されているところも好きです。広告も入らないし。

とりあえずPCメーラー(メールソフト)を使って書いています。そうするとメール投稿の便利が分ってきました。
メールは記事作成画面に比べて書きやすいんです。具体的には、
・メーラーは常時立ち上げているので、思い立ったら素早く記事を書き始められる
・動作が軽い
・作成画面が独立したウインドウで、広い
・画像がドラッグ&ドロップで添付できる
・投稿した記事のコピーが送信済みアイテムに残る
今さらながら文書を作ることでは、メーラーが使いやすいことに気づきました。

コメントがあると、これもメールで連絡してくれます。このメールに返信すると、それがコメント欄に追加されます。メールでここまでできるのですね、すごい。

posterousは記事を「投稿する」というより、友だちや恋人ちょっとしたことを「メールする」感覚です。これも気楽な理由かも知れません。あっ、個人的にはメールする恋人はいませんが(T.T)
開発者の意図もやはりそのあたりにあるようです。
"We're super excited to see what happens when blogging becomes as easy as email."と、書かれています。

さらにブックマークレットを使って、適当なウェブページから好きな部分をクリップして投稿することも可能。これを使ってtumblrのようにお気に入りを収集をしている人もあります。

デザインはtumblrと似たような感じですが、posterousはコメント機能やアクセスカウンターやプロフィール欄も最初からついています。リブログ機能(他人のtumblr記事をそのままコピーして自分の記事とする機能)はありませんが、そういう使い方はあまりしない自分にはposterousの雰囲気が向いているようです。

また、投稿記事をTwitterやFlickrなどにも自動同時ポストしてくれるところも秀逸です。subscription(読者)機能や、favorite(お気に入り記事登録)機能もついていて、他の利用者との交流もしやすいようです。

posterousは、twitterより色々書けてブログより気軽なミニブログといった印象。
メールを記事作成に使うというアイデア、軽快な使い勝手、デザインが洗練されているところが素晴らしく、このサービスを好きになってしまいました。

あとは、このブログとの使い分けをどうするかな?、と考えています。