ちょっと森林浴がしたくなったので、お散歩してきました。
京都は、町中に自然林が残っている所があります。

IMGP9752.jpg
ここは、糺(ただす)の森という、平安京以前の原生林の植生を伝える森。
下鴨神社の境内です。
下鴨神社は平安時代以前からあるため、その自然が残っているんですね。
今は神社を含め世界遺産に認定されてます。そんなにすごかったのか…。

IMGP9747.jpg
うっそうとした木が生い茂り、小川が流れる様は、少しワイルドな雰囲気。
空気も少し違っているようで、呼吸しているうちにだんだん体が浄化されるような気分になります。

IMGP9767.jpg
道端に咲いている花に癒されながら、参道を進んでゆきます。

IMGP9777.jpg
そんな森を抜けると、鮮やかな朱色に出会います。下鴨神社です。

IMGP9780.jpg
この奥に西と東の本殿がありますが、これ以上入れません。国宝だからしょうがないです…。ここでお参りをします。
これだけ風格があると、なんとなく神様の気配を感じてしまいます。

IMGP9835.jpg
紫陽花がたくさん咲いていました。
額紫陽花をマクロで撮影。

光の加減が曇り色で、梅雨の雰囲気が出ているように感じます。
きれいですが、森の中で動かないように撮っているので、蚊に刺されてかゆいよ~(^^ゞ

ということで、癒されつつもかゆいかゆいと退散しました^^

PENTAX K100DS, SIGMA 18-50mmF2.8 & 70-300mmF4.0-5.6