お正月といえば、やっぱり初詣に行きたくなります。

京都は大きな神社がたくさんあるので、どこに行くか迷うところです。
昨年は伏見稲荷大社に行きました。(→ブログ記事「京都・伏見稲荷へ初詣!」)

今年は、京都の西のはずれにある松尾大社へ。
戦前は官幣大社という、格の高い神社であったとのことです。もちろん今も大きな神社です。
IMGP9320
まだ屋根に雪の残る中、初詣らしい賑やかな雰囲気です。

IMGP9335
「亀の井」という霊泉。おいしいお水です。
「酒造家はこの水を酒の元水として造り水に混和して用い、また“延命長寿”“蘇り”の水としても有名です。」とのこと。
ここ松尾大社は、酒造の神様でもあるのです。

IMGP9343a
大きな兎の絵馬。
とても目立って、年が変わったことを実感させます。

IMGP9337
参拝したあと、たき火で暖をとって、おうちに帰ります。

今年はこんなふうに、ゆっくりしたスタートを切っています。
漠然とですが、今年は上向きの年になりそうな予感がしています。そう思い込むことが大切なのかも知れません^^

これから梅が咲く頃まで。京都は観光客が少なく静かな季節になります。
寒いのですが、ひっそりとした中を周りにかき乱されることなくお散歩できる、いい季節だと思っています。

PENTAX K-7 with TAMRON 18-200mm F3.5-6.3