Crux's Stardust Diary

クルックスの星くず日記

2010年12月

IMGP9301
ここ京都でも、一日中雪が降り積もる大晦日になっています。
ブルーデイジーも、せっかくきれいに咲いているのに、雪をかぶって冷たそう。

この雪と寒さで、年末の掃除とか雑用とかしたかったのですが、なかなか進みません…。

IMGP9262
数日前に撮ったときは、こんな春みたいな日差しだったんですよ。

今夜は、除夜の鐘を撞きに行こうかなとも思っていたのですが、やっぱり静かに家にこもってお正月を迎えそうです。

では、みなさまも良いお年をお迎えくださいませ。

PENTAX K-7 with TAMRON 90mm F2.8 Macro
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最近、ツイッターをしている方がとても多く、ブログもツイッターと連携を密にすることが流行っているようです。
このブログでも、記事を読んでくださった方がツイッターに投稿したいなと思ったとき、すぐできるように、ツイートボタンを付けることにしました。

ツイートボタンはライブドアが作成されたものもあるのですが、下のようにかなりシンプル(^^ゞ
twit buttom pre
ツイート数とか出るように、もうちょっと何とかしたいなと思って、公式ツイートボタンを設置することにチャレンジしてみました。

ウェブ関係のお仕事をされている方には、こんなこと朝飯前だと思うのですが、全然関係ない職種でHTMLなんか知らない僕には、かなり面倒な作業に感じます。

でも今回、次のブログ記事のおかげで何とかできました。
感謝申し上げます。

では、導入の方法を…

1.まずは、twitter公式ページ内の、ツイートボタン作成ページへ。http://twitter.com/goodies/tweetbutton
Twitter   ツイートボタン
ここに必要事項を埋めていきます。デフォルトで設定するなら、ホント簡単です。

でも、ちょっと色気を出して、「ツイート内のテキスト」には<$ArticleTitle$>と入れ、またURLに<$ArticlePermalink$>を入力しました。
こうすると、その記事のタイトルとURLが、ツイート内に挿入されます。

こうして、最終的に出来たコードをコピーします。

2.次に、ライブドアブログマイページの、「ブログ設定→デザイン→デザインカスタマイズ」を開きます。
僕の場合には、下記の場所に先ほどコピーしたコードを貼り付けました。

細かくて見づらいので、画像をクリックして拡大して見てください。
twitter HTML
貼り付けるのはトップページだけではなく、個別記事ページ、カテゴリアーカイブ、月別アーカイブの同じ位置に貼り付けます。

3.これでプレビューしてみると、ボタンの表示位置が上方向に少しずれていました。
そこで、微調整するために以下の記述をCSSに追加。
.twitter-share-button { vertical-align: middle; }
(これも、先の参考記事から拝借させていただいたものです。)

4.これで完成!
初心者でも出来ました。 
tweet button

こうやって、必要最小限のHTMLなんかを覚えていくのも、また楽しいものです^^
せっかく導入したので、気が向いたらこのボタンを使ってツイートしてみてくださいませm(__)m
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今年も終わりに近くなってきて、仕事でもプライベートでも来年の予定を考える時期になってきました。

僕はせっかく京都に住んでいるので、暇があれば京都の観光地を巡るようにしています。
来年はどこに行こうかなぁ?
そんな京都散歩に役立つのが、この京ごよみ手帳
IMGP8380
京都の主にお寺や神社の年中行事が、みっちり細かく書かれています。

IMGP9286
左ページが手帳欄。その日、京都である行事一覧が載っていて、メモスペースもあります。
右ページは、季節の京都行事ガイドです。

きれいにまとまっていて、読むだけでも楽しくなりますし、実際に行ければもっと楽しいですよね^^

京都通の間では、結構有名な手帳のようです。
それもどちらかというと京都手帳のほうが有名なのですが、僕は二つを見比べて、去年も今年も京ごよみ手帳を買いました。

年末に手帳が新しくなって、来年の日付を手帳で見ると、年が変わる気持ちをひしひしと感じますよね!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ