Crux's Stardust Diary

クルックスの星くず日記

2010年12月

IMGP9244
つい最近、ネットブックパソコンを購入しました。

acer ASPIRE one happyです。
色はラベンダー。真っ黒のボディじゃなくポップな感じが気に入っています。

もうネットブックのブームは過ぎて、今はスマートフォンとかタブレットPCですよね。
でも、ネットブックもなかなか素晴らしいと感じています。

僕は結構文字を打ちます。このブログもそうですし、それ以上にプライベートで日記をデジタルでつけています。
しょっちゅう日記を書き足しているので、持ち歩きができてキーボードの付いた機器が必要なんです。
別にいつもインターネットに繋がってなくてもいいし。(常時つなげようと思ったら、WIMAXなどがありますし。)

このパソコン、AtomとはいえデュアルコアのCPUを積んでいるからか、動作は結構サクサクしています。
動画はYouTubeの720pまでなら、カクカクせずに見れるので十分。

バッテリーは6セルで、僕の使い方だと5~6時間くらい持ち、一日バッテリーだけで使えます。バッテリー込みで1.25kgと、軽くはないけど十分持ち歩ける重さ。

もちろん、今までパソコンで使い慣れているソフトやサービスもそのまま使えるので、移行が楽。
デジカメで撮った写真も、SDカードを通してパソコンで見て取捨選択、編集なんてことが帰りの電車の中でもできてしまう。
その写真をもとにオフラインでブログ記事を書くなら、Windows Live Writerを使えばOK。帰ってLAN環境があるところで、ネットにアップすれば完了です。
ここまでのことは、やぱりパソコンでないと厳しい。

とても便利でかつ安い。33,500円でこれだけのことができるなんて、すごいです。

弱点は、10.1インチとディスプレイが小さいことですね。見れる範囲が限られてしまう。
でもこれは携帯性とトレードオフなので、しょうがないです。
それにこの機種は、タッチパッドの簡単な操作で表示画面を縮小して、広い範囲を見れる機能がついてます。
ちょっと慣れると、あまり画面の狭さが気にならなくなりました。

通勤電車の中でも日記を書いたり、パソコンを使う仕事が出来るので、時間を買ったような感覚になっています。
とてもいい買い物をしたように思いました。

(注: この記事について、メーカー等からの利益供与は一切ありません^^)
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMGP9226
五重塔で有名な京都、東寺。

ここで毎月21日に、縁日をやっています。「弘法市」と呼ばれています。
地元の人は「弘法さん」といいますね。

12月は年内最後の弘法市なので「終い弘法」と言われ、より一層盛り上がります。

今回のお散歩は、この終い弘法へ行ってきました。
年末の忙しい時に、なにをやっているのやら…。いや、気分転換です(^^ゞ


IMGP9181
1200~1300店ほどがお店を出しているそうな。人出は一日で20万人以上とか!

ご覧のようにお年寄りが多いので、自分の行くところではないな…と思って、今まで行ったことありませんでした。
でも、行ってみるとなかなか楽しい(^O^)


IMGP9195
売っているものは、骨董品や古着が中心。
ガラクタ(失礼)の中から、掘り出し物がないかと探しながら見てゆくと、時間が過ぎてゆきます。


IMGP9191
今回見つけた目玉商品!
本物と思われる機関銃です。50万円の値札がついてました。
ここは、旧日本軍の物を扱っているお店のようでした。

まあ、いろんなモノが売っています(^^ゞ


IMGP9228
苔玉。
まるまるっと可愛くて、モスグリーンがとてもきれいです。
人気のようで、かなり人だかりができてました。

ひとつ800円~。値段も手軽なので僕も思わず欲しくなりましたが、ガマンガマン。


IMGP9183_1
お正月用の松を買い求める人も多くて、すっかり年の暮れを意識されられる、終い弘法でした。

もう、今年もあと少し…。

PENTAX K-7 with TAMRON 18-200mm F3.5-6.3
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今、OSAKA光のルネサンスというイルミネーションイベントが、大阪中心部で開催されています。
お仕事が終わってから、ちょっと寄ってみました。

IMGP9174
目的は、もはや大阪名物となった、巨大アヒルちゃんです。
呼び方はラバーダックということで、特に名前はないようです。

写真ではたいしたことないのですが、実際に見るとデカイデカイ。
昨年、わざわざ見に行って、可愛いくせにあまりにデカく、そのアンバランスさに妙に感動したんです。

ぜひ再会せねばと行ってきました。やっぱりデカイ。
ライトアップするとさらに目立ちます。

せっかくなので、光をクロスさせるキラキラエフェクトも使って写真を幻想的にしてみましたが、被写体がアヒルちゃんではギャグにしかなってないような^^


IMGP9159a
その他、かわいいイルミネーションも多数ありました。
ちょっと可愛すぎるかな^^


IMGP9166
堂島川に写る街の灯と、満月がきれいでした。
水の都、大阪を感じさせる光景です。


IMGP9175
さて、このアヒルちゃんがいる意味は何?

"このラバーダックは、政治的意味合いで分割される国境など、この世に存在しないことを知っています。
そして、このアヒルが持つ、世界の緊張を和らげる癒しの特性は、あらゆる世代に優しく、親しみやすく受け入れられることでしょう。"

それにしても、迫力満点でちょっと怖いくらいですよねー、このアヒルちゃん(^O^)

PENTAX K-7 with TAMRON 18-200mm F3.5-6.3
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ