Crux's Stardust Diary

クルックスの星くず日記

2011年06月

梅雨のさなか、ちょっと晴れ間が見えたこの日、久しぶりにお散歩に出かけました。

お散歩先は、京都・東本願寺の飛び地「渉成園(しょうせいえん)」。枳殻邸とも呼ぶようです。
東本願寺から、烏丸通をへだてた向かい側にある、素晴らしい庭園です。

IMGP0950_1

渉成園、印月池(いんげつち)

渉成園は気軽に来れて、ほっと一息付けるので、好きな場所のひとつ。
季節ごとによく来ています。

そういえば、一昨年もブログに書いていました。『京都駅前の観光穴場? 日本庭園「渉成園」

IMGP0931_1
睡蓮の花も美しく咲いています。

IMGP0938
侵雪橋(しんせつきょう)

京都駅前に建つ京都タワーが、こんなに近くに見える場所にあるんですよ。
駅から徒歩10分くらいでしょうか。
都心のオアシスですね。

知る人ぞ知る、交通便利な観光名所として有名です。はい、文章が矛盾してますが、それくらい有名どころか穴場が良く分からない所です…。

IMGP0957
回棹廊(かいとうろう)

ゆっくり散歩していると、新緑の香りがそこここに充満していて、フレッシュな気持ちになります。
もう初夏なんだな、と夏の匂いを思い出させてくれます。

透き通った水面とその下に生える藻の色がとっても涼しげで、嬉しくなってました。
写真でも、雰囲気が伝わるでしょうか?

IMGP0982_1
さて、渉成園と烏丸通をはさんで、東本願寺があります。
せっかくなので、東本願寺にも行ってみます。

歩く道端には花壇が所々にあって、気持ちがやわらぎます。

IMGP0989
東本願寺、御影堂(ごえいどう)

世界最大の木造建築物とのこと。
平成16年から平成21年にかけ大規模修復が行われたとのことで、とてもきれいです。

IMGP0995_1
御影堂内部
真ん中に見えるのは、宗祖親鸞聖人の坐像(御真影)です。(撮影禁止区域の外から撮っています。)

誰でも自由に前まで行って、畳に座り手を合わせることができます。
入ってみると、お堂独特の少し涼しい雰囲気。
そしてそれ以上に、何かとても感じるものがあります。結界で囲まれているような感じです。

僕は霊感とか信じない方なのですが、京都には確かに何かを感じる場所が沢山あります。
怖い感じの場所もありますが、多くは落ち着ける場所。

ひとことでいうと、パワースポットなんでしょうね。
でも、パワーが湧き出るというより、自然体になって世界や自然や過去とのつながりを感じられる場所、という印象でしょうか。

誰もが宇宙のカケラですし、遠い過去と遺伝子を通してつながっている存在です。
そう言葉で書くと大げさなのですが、そんなあたり前のことがあたり前に認識できる場所なんだと思います。

もちろん、僕はそんな場所が大好きです。
京都の大きな魅力のひとつは、こんなところにあると思っています。

PENTAX K-7 with TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 & 90mm F2.8 Macro
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

震災後10日ほど経って作らせていただいた、
NAVERまとめ「勇気づけられそうな震災復興支援ポスターまとめ」が、
おかげさまで50,000viewを越えました。

勇気づけられそうな震災復興支援ポスターまとめ - NAVER まとめ

見ていただいた方、広めていただいた方、ありがとうございます! 

このまとめは、今でも連日、数百のview数があり、息の長さに驚いています。
でもそれは、復興に長い時間がかかることの裏返しかもしれません。

広告収益が多少出ていますので、確定したインセンティブ全額を運営元のNAVERさんを通じ、震災義援金として日本赤十字社に募金しました。

 
●NAVERまとめはいろんな使い方ができそう
NAVERまとめは、アイデア次第でたくさんの方に見ていただけることがよくわかりました。
そこで、ずーっと次なるまとめを作りたくて考えています。
でも、まとめたいネタがなかなか無くて作れない…。

と思っていると、NAVERさんの方でも機能を改善して、まとめを作る敷居を低くしてこられてますね。
例えば、
・下書き機能 http://naverland.naver.jp/?p=4120 
naver_matome_draft

・まとめブックマークレット http://naverland.naver.jp/?p=4165
naver_marklet_01_copy

これら、EvernoteやSpringpadのようなオンラインノートサービスを意識した?機能を使うと、自分のために自分なりのオンラインノートとして情報を貯めて、それを公開するような使い方もできるかなと考えています。

そうそう、テーマブログの代わりにも使えると思うのです。

NAVERまとめはいろんな使い方ができる、ユニークな道具だと思っています。 
でも道具を使うのは人間。
便利な道具をもっと生かすようなアイデアがないかなあ?
僕の小さい脳みそでは限界があるので、少し行き詰まっています。

そこをどなたか考えて上手くいけば、きっとたくさんのインセンティブ(報酬)が入ると思います!?

これからも、まとめを見るほうと作るほうの両方の立場で、NAVERまとめに期待しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ