Crux's Stardust Diary

クルックスの星くず日記

カテゴリ : Diary

IMG_1842
美しい紅葉を眺めに、今年も京都嵯峨野を散策してきました。
二尊院と祇王寺を中心に、写真を何枚か。
例年同じように見える写真ですが、やっぱり毎年違うのです。

今年はちょっと紅葉が遅めでしょうか。
上の写真、祇王寺の紅葉はきれいですが、まだ苔が落葉の赤絨毯にはなっていないですね。

IMG_1751

嵐山・渡月橋。
9月の台風で大きな被害を受けた渡月橋とその周辺のお店ですが、河川敷の一部を除いて復活していました。
ほっと一息。

IMG_1872
嵐山のメインストリート、長辻通。
すごい人ですね。
ごらんのように天気が良く暖かい休日だったので、驚くほどの人出になっていました。

僕は京都在住で嵐山嵯峨野に四季折々に出かけているので、抜け道など混雑回避の手段はある程度わかっていて、それほどひどく影響は受けないのですが。

この日はレンタサイクルで、奥嵯峨の二尊院と祇王寺に一気に向かいます。
散策にはレンタサイクルがお勧めです。

IMG_1819
二尊院、紅葉の馬場。
きれいな紅葉になっています。でも、最盛期よりやや早いかな?

IMG_1795
二尊院にある時雨亭跡。
ここで小倉百人一首が編まれたと言われています。

小倉山の中腹に位置し眼下の眺めがとてもよくて、一首浮かんできそうです。
しばしこの石の上に座って、嵯峨野の景色を見つつぼんやり。

IMG_1793
二尊院・法然上人廟
登るとちょっとしんどいので、人は少なめ。

IMG_1813
背景に映る、秋の木漏れ日が暖かいのです。

IMG_1849
トップの写真と同様、祇王寺。
上は紅色、下は苔色で目がチカチカするほど美しいです。

この日は訪ねる人が多いので人が映り込まない写真を撮るのは至難の業なのですが、なんとか撮れました。

IMG_1832
祇王寺のつくばい
ただでさえ癒される祇王寺で、水があるとさらに落ち着く感じになります。

IMG_1867
帰り道。
落柿舎の柿を見ると、もう冬が近いと感じるのです。

Camera: Canon PowerShot G15
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_1618
あの世へ通じる、と言われる井戸があるんです。
見てみたい、井戸を覗いてみたいと行ってきました。

そこは、あの世とこの世との境目に位置する、六道と呼ばれる場所。
 
ここより先は、鳥辺野と言われる昔からの墓地。
京の都から亡くなった方を運んできて、ここ六道でお別れをします。
 
死んだ人はここで閻魔大王の裁きを受け、6つある死後の世界のどこかに行くといいます。

IMG_1616
そんな場所にある、京都・六道珍皇寺。
 
以前にも行ったことがあるのですが、あの世へ通じる冥土通いの井戸は普段は非公開で、遠くからしか見られませんでした。
あの世への入口を見てきました 京都ミステリースポット・六道珍皇寺

今回は、京の夏の文化財特別公開にて井戸の際まで行けるとのことで、リベンジです。

IMG_1635
お寺に入ると、早速閻魔大王像のお出迎え。期待に違わず怖い顔をしていらっしゃいます。
ここの撮影は禁止なので、チケットの写真で代用です。

IMG_1623
今回はお堂に上がり、詳しく説明を伺うことができました。
人は死んだ後、閻魔大王の裁きを受けて、死の世界に行きます。
行くのは6つの世界のいずれか。

天道:天人の世界
人間道:われわれ人間がいる世界
修羅道:戦いや争いばかりがある世界
畜生道:本能のままに生きるだけの世界
餓鬼道:飢えと渇きに苦しむ世界
地獄道:文字通り地獄

生きているときの行いによって、どの世界に行くか閻魔様が決められるとのこと。
これらの世界を描いた桃山時代の絵を見ながら、解説員の方が説明して下さいました。
昔も僧侶が分かりやすいように絵を見せながら説明し、仏教の考え方を広めていったとのことです。
しっかり生きてゆかないと死んでからも大変だなぁ、と思わせるのに十分。

その後、冥土通いの井戸を覗き込むことができました。
IMG_1622
中はシダの葉で覆われていて、底までよく見えません。わずかに水があるのがわかる程度。でも、かなり深い井戸とのことです。
この土地やお寺の独特の雰囲気からして、あの世へ通じていても不思議はないような。

ここは、なんだか不思議な気持ちにさせられるお寺です。死後の世界が身近に感じられる。
1000年以上前からあると言われるパワースポットでしょうか。いや、ミステリースポットかな。

Camera: Canon PowerShot G15
 
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Nisshi  top
こんなウェブサービスを探してたんだ、と思うものに出会いました。

SNSのような、ブログのような、ソーシャル日誌サービス「Nisshi」 https://nisshi.in/ 
肩肘張らず、本音もすらすら書けてしまい、微かな交流ができるサービス。 
しばらく使ってみて、とても心地良いです。 

まず、どんなサービスかを簡単に。

●特徴
  • ブログのようなレイアウトで記事が書ける。ただし書けるのはテキスト文書のみで、写真などは貼れない。
  • 1投稿1000字、1日50投稿の制限。
  • コメント欄なしトラックバックなし、ダイレクトメッセージなし、いいね!などのソーシャルボタンなし、アクセスカウンターなし、検索機能なし。
  • ツイッターのような、フォローのシステムはあり。
  • フォロワーのうち何人が記事を見たかが表示される。その数字だけが唯一記事への反応。
  • ユーザーが許可した、すべての公開記事が一覧で見れるページ(Public Feed)がある。
  • Public Feedで他人の記事に言及した記事は禁止。記事同士でコメントのようなやり取り禁止。
多機能な最近のブログやSNSと比べると、わざわざ機能を削って、ないないづくしです。

●なぜ、ないないづくし?

何のために、こんなに機能を削っているんでしょうか?
それは、投稿記事への反応をわざと少なくするためなんでしょうね。

”コメントのようにダイレクトに読者の反応を得ることはできませんが、その分コミュニケーションに気を遣う必要がなくなり、義務感や拘束感から解放されたちょうどいい距離感の心地よいソーシャルなつながりを生み出します。”  https://nisshi.in/html/about

読者からの反応が要らないなら、ひとりプライベートで書けばいい。逆に、たくさん反応がほしいなら他のSNSで書けばいい。
Nisshiでは日記を他人に見てもらうから、書くことに張り合いがでてくる。でも干渉されないから気楽に書ける。
ネットで一人ぼっちは寂しいけれど、微かな交流でいい、というニッチな選択です。

でも多くの人は、話題になる記事を書いてたくさんコメントを貰ってアクセスを稼ごうなんて、派手なことを望んでいないと思います。そんなのはアフェリエイターなどの商業ブログ。
そう考えると、個人ブログやSNSとしては、このNisshiはニッチどころか王道かも。 

●Nisshiの個人ページ 
goto motoshi s nisshi   Nisshi
これは管理人さんのNisshi。
広く公開されているので、恐縮ですが一例としてスクリーンショットを掲載させていただきました。
自分のページを載せるのが筋なのですが、今のところ内緒にしておきたいので。

Nisshiは、どのページもデザインがとても洗練されています。

●Nisshiで何が書かれている?
さて、こんな他から干渉されにくい環境で何が書かれているんでしょうか?
そこには、普段出せない心情が吐露されている事が多いです。やっぱり恋愛関係が目立つような。
恋愛以外でも、内省的な投稿をよく見かけます。

どんな恥ずかしいことを書いても、咎められたりおだてられたりしない(他人の批判など、規約違反は論外)。だから本音が書ける。 
それを読む方も、飾り気の無い気持ちを見ることができるから、共感を呼ぶんでしょう。これがNisshiの面白いところ。
特に公開された記事が一覧で見られる、Public Feedを読むのが楽しい。

●記事に反応を返せないのがいい
ここでのポイントは、記事に反応を返せないこと。コメント欄はなく、ソーシャルボタンもありません。
他の記事で言及するのも、Public Feedでは禁止。

もどかしいのですが、それがいいんです。反論からの喧嘩や炎上を生じないだけでなく、共感が広がりすぎることも避けられる。馴れ合い過ぎない。
だから静か。だからしんどくない。

●一体感の心地よさ
Public Feedを見ていると、なんだかユーザーのゆるやかな一体感が生まれているように思えます。
そしてその中に自分がいます。
こんな繋がる心地よさも、Nisshiの特徴でしょうか。

●新しい境地のSNS?
Nisshiでは、他のブログやSNSではあまりお目にかかれない、素朴な心の声を聞けるし、自分も書ける。
そんな投稿を引き出すなんて、実はNisshiはSNSの新しい境地かも知れませんね。

●追記
すみませんが、僕のNisshiページへのリンクはここには載せていません。今は、静かに過ごしたいので。 名前もアイコンもこのブログと違います。
でも、もしNisshiに参加して僕と思わしき人を見かけたら、静かにフォローしてもらえるとうれしいです。

では、Nisshiでお待ちしています。 
「Nisshi」 https://nisshi.in/  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ