Crux's Stardust Diary

クルックスの星くず日記

カテゴリ : ライフハック

居ながらにして世界の街角を歩いているような、新感覚ムービー。
ほんとに世界の街を歩いてるだけなんですが、その単純でリアルな感じが好きになってしまいました。

YouTubeにて。
全編見ると長いので、かい摘んででも見てください。 

WORLD - CRUISE : Blu-ray "WORLD - CRUISE" #18

動画の簡単な説明を、引用させて頂きます。
デジイチ1台リュックに詰めて、世界中の街をたった1人で撮り歩く流浪のショートムービー作家、永川優樹さん。

“egawauemon”の名でYouTubeにアップされた映像は多くのファンを集め、1日およそ3万viewをコンスタントに獲得している。 作品スタイルは、街をゆっくりと歩きながら撮影するといういたってシンプルなもの。

『Steadicam Merlin』という特殊な機材によって手ブレが抑えられていて、これがまるで街の中を浮遊しているような独特の味わいを生み出している。

 (ガジェット通信 「【ガジェ通TV】1日3万再生! YouTubeの収益で旅するショートムービー作家”永川優樹”」 http://getnews.jp/archives/130492 )

自分にとって全く日常で、自分が写りこんでいても不思議のない京都の街から、懐かしいニューヨークやロンドン、あこがれの地モロッコやバラナシ(インド)まで網羅されていて、もう頭の中はすっかりトリップ状態です。

僕は学生の頃、夏休みなどリュックを背負って、ヨーロッパひとり旅なんかをしていたんです。
その頃を思い出して、無性にまた旅に出たくなりました。

上の動画はダイジェスト版ですが、各々の場所をゆっくり見れる動画のまとめをNAVERまとめで作られていたので、これも載せておきます。

Blue-ray(DVD)も発売されています。http://world-cruise2010.com/
ほしいなぁ、とも思うのですが、YouTubeでも十分美しいのでそれで満足してしまいそうです(^^ゞ

テレビ局の大掛かりなクルーでなくても美しい紀行番組が撮れる時代の到来ですね。
新しい映像のアイデアが広がってゆきそうです。  

気分転換に、ぼーっと見るのが最高です^^ 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最近、Springpadを結構愛用して使っています。
このブログでも、Springpad関連の記事へのアクセスが多いので、特徴のまとめを作ってみました。

いざつくってみると、Springpadはとても多機能なのでなかなかまとまりません。
結構手間がかかりました。

それでも不十分な内容ですが、引用元のサイトできちんとした説明がされているので、より深くお知りになりたい方はリンクをクリックしてもらえればと思います。
引用させていただいたサイト様に感謝申し上げます。

では、下にNAVERまとめと同じ内容を貼り付けていますので、よければお読みくださいませ。


Evernoteとひと味違う?便利なオンラインノート「Springpad」の特徴まとめ 

IMGP0888
僕は、いつも紙のノートを持ち歩いて、考えたことや身の回りに起こったことを書いています。 

たいしたことを書くわけじゃありません。
「いつもより早く起きて、天気も良くて気持ちいい!」とか、「疲れたから、早く寝よう…」 とか、そんなの。
日記のように一日1回書くだけじゃなくて、いつも手元においてしょっちゅう書いています。

なんだかこれがとても心地いいんです。
自分しか見ないノートとはいえ、気持ちを外に出すことで頭と心が整理されて、すっきりする感じ。 

現在ではこのノートが相棒になって、電車の中でも仕事の合間にでも、あらゆる時にちょこっと書いています。

Twitterで日常をつぶやいている方は、この気持ち良さが分かってもらえるように思います。
心の中の言葉にならないモヤモヤした思いを、何とか言葉にして外にだすことで、ちょっと肩の荷が下りる様な、安楽な気分になれるんです。

ただ僕は「疲れた」をTwitterでパブリックにつぶやくこともないかなと思って、プライベートで書いています。
それも、デジタルじゃなくてアナログの紙で。

デジタルのノートやメモ帳アプリも色々試してみたんですが、結局紙のほうが気軽に出してさっと書けて、あとで見返すときもパラパラ見れるので気軽だったんです。電池切れの心配もないし。 

IMGP0916
書く紙もいろいろ試したんですが、僕にはA5ノートが一番でした。
よく使われている手帳は携帯に便利なのですが、狭い面積にちょっとしか書けないです。

アイデアを紙に書くには、ある程度の面積だととても便利。
画面サイズの大きいパソコンのディスプレイを使っているような、広々とした感触がもてます。

ということで、携帯性と広さのバランスが一番良いのがA5サイズのノートでした。
ルーズリーフより一冊のノートのほうがバラバラにならないので、それを使っています。コンビニでも手に入りますしね。

IMGP0915
具体的には、ちょっと良質の紙を使っているノートにしています。
しっかりした紙質だったりサラサラしていたりで、書く気が増すんですよ。

例えば、
左: ツバメノート: 安いのにとてもいい紙を使っています。文具マニアには定番らしい?
右: MIOペーパー キャンパスハイグレードノート コクヨ: 薄手サラサラの肌触りが気持よくて、ペンの滑りもとてもいい。 

IMGP0892
その上に、最近流行りのノートカバーをかけて、ノートが傷まないように、また書きやすいようにしています。

IMGP0882
使っているペンは、宣伝じゃないのですが、三菱鉛筆のジェットストリーム最高です。
安価で書き味抜群(逆に言うと高級感がないので、所有する満足感は得られませんが…)。

主に3色ボールペンを使って、書く内容によって色を変えたりしています。
重要なところは、赤でアンダーラインを引いておくと後で見やすいです。

よろしければ試しにノートを買って持ち歩き、頭に浮かんだことを書きなぐってみてください。
案外楽しいかも知れません^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ