Crux's Stardust Diary

クルックスの星くず日記

タグ: 初詣

画像1
あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。
年明けらしく、初詣の写真を少し。

京都の西の端、松尾大社へ初詣。
格式ある神社ですが、八坂神社や伏見稲荷、平安神宮より人出が少ないので気軽に行けます。

画像2
毎年拝殿に大きな絵馬が飾ってあり、否が応でも干支が脳裏に焼き付けられますね(笑。
今年は可愛いへびさんです。

画像9
お酒の神様だけあって、一升瓶がいっぱい奉納されています。

画像1
破魔矢。
絵馬はやっぱり可愛いへびさん。

画像7
滝御前(たきごぜん)。
後ろに小さい滝が見えます。
本殿の奥にあるここは、なんだか霊気があるように思えるんですよね。夏は特に。

画像4
一ノ井川。初夏にはヤマブキが美しい名所ですが、この時期は寒々しいです。

ヤマブキの写真はこちらの過去記事へ。
「ヤマブキと新緑の空気を吸って 京都・松尾大社」 http://crux.ldblog.jp/archives/5460754.html
「京都・松尾大社のヤマブキは初夏を感じる鮮やかさ」 http://crux.ldblog.jp/archives/3212485.html

画像3
露店も出て賑やか。
ゆっくりした年の始まりになりました。

この記事の写真はコンパクトデジタルカメラで撮った写真を、iPad miniのCamera+というアプリで多少加工して載せています。
iPadでもそれなりに加工できるものですね。

Camera: RICOH CX5, Edited with Camera+ on iPad mini
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

お正月といえば、やっぱり初詣に行きたくなります。

京都は大きな神社がたくさんあるので、どこに行くか迷うところです。
昨年は伏見稲荷大社に行きました。(→ブログ記事「京都・伏見稲荷へ初詣!」)

今年は、京都の西のはずれにある松尾大社へ。
戦前は官幣大社という、格の高い神社であったとのことです。もちろん今も大きな神社です。
IMGP9320
まだ屋根に雪の残る中、初詣らしい賑やかな雰囲気です。

IMGP9335
「亀の井」という霊泉。おいしいお水です。
「酒造家はこの水を酒の元水として造り水に混和して用い、また“延命長寿”“蘇り”の水としても有名です。」とのこと。
ここ松尾大社は、酒造の神様でもあるのです。

IMGP9343a
大きな兎の絵馬。
とても目立って、年が変わったことを実感させます。

IMGP9337
参拝したあと、たき火で暖をとって、おうちに帰ります。

今年はこんなふうに、ゆっくりしたスタートを切っています。
漠然とですが、今年は上向きの年になりそうな予感がしています。そう思い込むことが大切なのかも知れません^^

これから梅が咲く頃まで。京都は観光客が少なく静かな季節になります。
寒いのですが、ひっそりとした中を周りにかき乱されることなくお散歩できる、いい季節だと思っています。

PENTAX K-7 with TAMRON 18-200mm F3.5-6.3

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ