Crux's Stardust Diary

クルックスの星くず日記

タグ: 手帳

IMGP2070
4月も中盤になってようやく買った、ほぼ日手帳。
LOFTでほとんど売れ切れ状態でしたが、4月始まり版で好みの柄がありました。 

「ほぼ日手帳を買ったはいいけれど結局あんまり使わない、でも年末や年度末には買ってしまう」そんな話をよく聞きます。

自分もそうで、あまり使わないまま2年に一度くらいは買っています。糸井重里さんへのお布施状態ですよね。
今年は買わないぞと思っていたのですが、気づいたら手元にありましたw

でも今回は少し使い方を変えたので、今のところ毎日楽しく使っています。
やっぱりよく考えて作られているわ、と感心することしきり。 ちょっと値段が高いけど(写真の物は3,990円)。

IMGP2142
自分の使い方としては、左半分に時間軸で行動したことを書き、右半分にアイデアや覚え書きを書いています。

ボールペンは必ず黒赤青の3色ボールペン。 要チェックの箇所は赤でアンダーライン。
種類は三菱鉛筆のジェットストリームかパイロットのアクロボールを好んでいます。日本のボールペンはほんと安くて性能が素晴らしい。

デジタルになればなるほど逆に紙に書くのが新鮮で自由度が高くて、やっぱり5000年の歴史があるだけのことはあります。
Evernoteなんかを使ってすべてデジタルにまとめてしまいたい人も結構いるようですが、 自分にはデジタルと紙とをうまく使い分けてゆくのが向いているようです。

手帳のカバーに書いてある文字は「なんでもない日、おめでとう。」という意味のフィンランド語だそうです。
糸井さんのセンスでしょうね。

でも、「なんでもない日」なんて一日も無いと自分は思っています。
毎日生きるのに必死なんです…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今年も終わりに近くなってきて、仕事でもプライベートでも来年の予定を考える時期になってきました。

僕はせっかく京都に住んでいるので、暇があれば京都の観光地を巡るようにしています。
来年はどこに行こうかなぁ?
そんな京都散歩に役立つのが、この京ごよみ手帳
IMGP8380
京都の主にお寺や神社の年中行事が、みっちり細かく書かれています。

IMGP9286
左ページが手帳欄。その日、京都である行事一覧が載っていて、メモスペースもあります。
右ページは、季節の京都行事ガイドです。

きれいにまとまっていて、読むだけでも楽しくなりますし、実際に行ければもっと楽しいですよね^^

京都通の間では、結構有名な手帳のようです。
それもどちらかというと京都手帳のほうが有名なのですが、僕は二つを見比べて、去年も今年も京ごよみ手帳を買いました。

年末に手帳が新しくなって、来年の日付を手帳で見ると、年が変わる気持ちをひしひしと感じますよね!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ