Crux's Stardust Diary

クルックスの星くず日記

タグ: 散歩

IMGP3615
 8月16日、京都・五山の送り火です。
どうもこれを見ないと夏が終わらない気がするので、今年も嵐山渡月橋近くに行き、送り火のひとつ「鳥居形」を見つつ、ゆく夏を惜しみました。

お盆に帰ってきたご先祖様の霊が、再びあの世へ戻ってゆきます。 送り火はそれをお見送りする儀式。
賑やかなお祭りと違って、人が多くても少しもの寂しい行事に感じるのは自分だけかな。

IMGP3573
嵐山では送り火に合わせて、灯籠(とうろう)流しが行われます。
桂川に流される灯籠も風情がありますね。

IMGP3691
灯籠も、ご先祖様の霊を供養するもの。

嵐山嵯峨野は普段から独特の雰囲気のある場所ですが、この夜は特に何か霊気のようなもので、あたり一面が覆われるような気持ちになります。
ただ、それは不気味だとか気持ち悪いとか言うものではなくて、むしろ落ち着くのですけどね。

IMGP3655
20時20分に鳥居形の送り火が点火。

灯籠流しと鳥居形の送り火が一緒に写真に撮れました。
ここはテレビ局のカメラが横に位置するくらい、良いスポットです。

川面に映る灯りもきれいで、幻想的な光景に見とれてしまいます。

IMGP3696
送り火は30分ほどで終了。その後、渡月橋をゆっくり渡りました。

橋の上は、夜風がとても心地いいのです。
ちょうど送り火が行われる今の季節、感じる風の生温さが少なくなって、ちょっと秋の温度に変わってきているのがわかります。

橋の途中で立ち止まって、欄干に身を任せ川と山々を見つめると、精霊が夜空に登ってゆくような、そして自分はそれを見送るような気分になっていました。
でも、自分も一緒に登っていく気持ちにはならなかったので、まだ当分はこの世で暮らすことになるのでしょう。

IMGP3705
送り火が終わって30分もすると、だんだん静かな嵐山の夜が戻ってきます。

これで京都の夏は終わった気になってしまいます。
でも、派手な色の川面に寄り添うカップルが、まだまだ夏が続くことを示しているようです。
実際、京都の残暑は厳しいですし。
もう一息、残暑を乗り切ってがんばってゆきましょうね。

PENTAX K-7 with SIGMA DC 18-50mm F2.8 & 70-300mm F4-5.6 APO DG
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMGP3068
梅雨の中休み。ちょっと晴れ間が見える時に、お散歩してきました。

今回は京都・南禅寺
京都東山にあり、今が緑が一番きれいな季節。森林浴を兼ねて訪ねることができます^^
上の写真はよく雑誌などに載っている、南禅寺法堂(はっとう)です。

IMGP2958
南禅寺に行く前に、まずは腹ごしらえっとw。
お昼ご飯は時々行く市場小路にて。
タイ風海鮮焼きそば、8種類のおばんさい、五穀米、おぼろ豆腐、味噌汁。
おばんさいが可愛いヘルシーメニューですが、ご飯などおかわり自由でお腹いっぱい。

IMGP2982
南禅寺三門
地下鉄の駅からぶらぶら歩いて、この大きな三門に到着です。

ここをくぐって入ります…、とカップルが和んでいるのでなかなか横をすり抜けられない感じ(泣)。
三門を撮ったつもりが門の写真にならずカップル写真になってしまったのは、自分がひとりで悔しかったからかな(大泣)。

IMGP3007
琵琶湖疏水・水路閣

三門をくぐると正面に最初の写真の法堂があるのですが、そこを右に行くとこの水路閣があります。
これは琵琶湖から京都へ水を引く人工水路の一部なんです。とても有名な場所ですよね。

明治23年竣工とのことで、さすがに今はもう使われていないだろうと思いきや、水路閣を上から見てみると…。

IMGP3020
水路閣を上から見たところ。
きちんと水路になっていて、水が勢い良く流れています。琵琶湖疏水は現役なんです。

IMGP3035
南禅院と庭園

水路閣でもそうですが、水がある景色は涼しげてこの季節にはいいですよね。
実際ここは街中より少し涼しかったです。

IMGP3043
南禅院の建物から庭を望む。
まぶしいくらいの緑。床にも緑色が映っているくらいに。

IMGP3078
緑の中にも、少し赤がでる木を植えているのがまた素敵。

IMGP3067
南禅寺方丈。国宝です。
狩野探幽筆と伝えられる群虎図などの障壁画や、いくつもの庭園があって見所満載です。

その中で気に入った庭を紹介します。
IMGP3057
蓬莱神仙庭
「蓬莱(ほうらい)とは中国に合って仙人が住み、不老不死の地と考えられている霊山。
ここ南禅寺の境域も古くは仙人が住む佳きところと称えられてきた。」説明張り紙より

さすがに今は仙人はいないでしょうけど、霊なら普通に住んでいそうな雰囲気が南禅寺付近にはあります。

IMGP2979
禅寺のお坊さんは仙人とは違うものの、独特の凛としたオーラがあるように思います。
人も建物も木々も、街とは違うキリッとした雰囲気なのです。

IMGP3051
六道庭
六道とは、天界、人間界、修羅の世界、畜生界、餓鬼界、地獄界のこと。
「煩悩に迷い、涅槃の境地に達することなく六道を輪廻する我々凡夫のはかなさを想う。」説明張り紙より

まあ、自分も六道とやらをグルグル回っているんでしょうねー。はかなすぎるよorz
そうそう、苔がとても美しいです。

IMGP2976
蒸し暑い中、色々見ていると体力がどんどん奪われてゆきますので、このへんでおうちに帰ります。
帰りがけ、見事に咲いている蓮の花を見つけてほっこり。

PENTAX K-7 with TAMRON 18-200mm F3.5-6.3
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


IMGP2508
暑くなる前のこの季節、京都は雨が降った後、しっとりした表情を見せてくれます。
天気の良い日のお出かけもいいのですが、曇ったり少々雨が降る日も過ごしやすくてお散歩するのは好きです。

この日は雷雨のあと晴れ間が見えたので、落ち着いた中で散策ができました。
好きなコース、京都・嵯峨野の奥へと向かいます。

IMGP2418
嵐山・渡月橋

いつもレンタサイクルを借りて嵐山嵯峨野を巡っています。
嵯峨野の奥まで歩くのは結構な距離ですが、自動車には狭い道が多く不便。自転車が一番です。
それはそうとこの自転車、ちょっとサドルが低いですね。

この空、嵐山は今にも泣き出しそう。
実際このあとすごい雷雨が降りましたが、しばらく雨宿りしたら晴れ間も見えてきました、良かったです。さすが自分は晴れ男なのです。

IMGP2467
化野(あだしの)念仏寺の竹林

嵯峨野の竹林としてよく出てくる場所ですね。この季節、竹も若々しい緑色をしています。
有名な割には、嵯峨野の奥にあるためか観光客も少なめで、ゆっくりできます。

ちなみにこの階段を上がったところは墓地で見所ではないので、登ってすぐ降りてくることになりますorz

IMGP2480
化野念仏寺のご本尊・阿弥陀如来像
化野は 京都西北のどん詰まり。 古来風葬の地でした。  
「あだしの」は「化野」と記す。
「あだし」とははかない、むなしいとの意で、又「化」の字は「生」が化して「死」となり、この世に再び生まれ化る事や、極楽浄土に往来する願いなどを意図している。
(化野念仏寺公式サイト http://www.nenbutsuji.jp/enkaku.html) 
そう、ここは生と死が交差する場所なのです。

IMGP2466
化野念仏寺・西院(さい)の河原
たくさん並ぶ石仏は無縁仏。中からは撮影禁止です。

よく言われる心霊スポットっぽいのですが、  怖いとかそんなのではなく、 行くたびに不思議な気持ちに駆られます。
だんだん感情がフラットになってゆくんです。喜びも悲しみも怖さも薄れてゆく。
かと言って、無の境地を開いたという充実感もない。

ひょっとして、死んで何も感じなくなったらこんな気持ちに近くなるのかな、とぼやっと思ったりします。

そしてふと気づくと日常のことなど忘れてしまっていて、世俗から離れた別世界に気持ちが行っていることに気づくのです。 

やっぱり、賽の河原のほとりにいるんですね。

IMGP2435
鳥居本・平野屋

妙な気持ちに包まれながら化野念仏寺をさらに奥に行くと、平野屋が見えてきます。愛宕神社の一の鳥居の横にあります。
愛宕神社は愛宕山(あたごやま)という京都盆地の北西の端に位置する霊山のてっぺんの神社。
全国の愛宕神社の本社とのことです。

このあたりはとってもどん詰まり感が強くて、霊が出てきても何の不思議もないように思ってしまいます。
落ち着きの中にも何かぞわぞわする感じ。
雨上がりで空気がねっとりしているのも合わさって、独特の雰囲気を醸し出しています。

今回は、このへんでUターンしました。

IMGP2491
祇王寺
この時期、雨上がりの苔の色はほんとに美しい。

静かなのは化野念仏寺と同じなのですが、念仏寺が死の静けさであるのに対し、こちらは地味ながら生き生きとした情景です。

祇王寺も奥嵯峨にあります。ただ、化野念仏寺から少し下がった場所なので、賽の河原からこちら側の世界へ帰ってきたような安心感を覚えてしまいます(笑。

IMGP2528
季節の花がさり気なく飾られています。
いえ、僕がここに置いたのではありません(・ω<) てへぺろ

IMGP2538
祇王寺の有名な吉野窓

外の景色や光の加減によって日々刻々と窓の色が変わるのが、とても趣があるのです。
今はやっぱり美しい新緑。奥に竹林がうっすらと見えますね。

IMGP2542
落柿舎
俳人松尾芭蕉の弟子、向井去来の庵。 

この奥では、この日も句会がされていました。 
名前のように秋~冬の落柿舎は趣きがあるのですが、新緑の季節も素敵です。

この時期に嵯峨野の奥へ出かけると、少しあの世にトリップしそうになりつつ、緑で身体が洗われて帰ってくることができます。いい季節です。

PENTAX K-7 with SIGMA 18-50mm F2.8 & PENTAX DA 50-200mm F4-5.6
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ