Crux's Stardust Diary

クルックスの星くず日記

タグ: 花

春になって、街なかでも一斉に花が開いています。
通りがかりにそんな花たちを見かけると、やっぱり写真に残しておきたくなります。

できれば、ボケ味の効いた写真を撮りたいなと思うのですが、背景をぼかすような写真が撮れるのは撮影素子(センサー)の大きい一眼レフになってしまいます。
でも、一眼レフは大きくて重い。いつも持ち歩くわけにはいきません。

何かコンパクトで背景をぼかした写真の撮れるカメラはないのかな?と探していて、昨年夏にRICOH CX5というコンパクトデジタルカメラを買いました。当時22,000円くらいだったと思います。
これがなかなか重宝なので、もう1年近くいつも持ち歩いています。

このカメラで最近撮った、通りがかりの春の花のマクロ写真を載せてみますね。

R0011199
矢車草。
背景のピンクが良くボケています。
きれいな玉ボケには、なかなかならないですけど。

R0011078
桜。
コンデジにしてはよくボケているのですが、ちょっとボケ味が雑然としていますね。
F4.8です。

IMGP2189
RICOH CX5 
このカメラは焦点距離35mm換算値300mmにて最短28cmまで寄れるという、他のコンデジにはない性能を持っています。
自分もこの性能を生かして、ほぼいつも300mmにズームして望遠マクロで撮っています。
撮影素子は1/2.3型と小さいのですが、これだけ望遠マクロにするとかなりボケますね。 

R0011142
忘れな草。 
青い花は背景に映えやすいように思っています。
青が入ることで写真全体の色にバラエティが出ます。

R0011227
もう一枚、ピンクの矢車草。
後ろのマーガレットの形がわかる程度のボケで写っています。
一眼レフのマクロレンズと比べるとどうしてもボケ味が劣るのですが、これもまた味があるように思います。

R0011209
花水木。
空をバックにすると、あんまりボケ味を気にしなくてすむのです。後ろの花がほどよい色のボケです。

花水木といえばこの季節聴きたくなる、一青窈のハナミズキを。
武部聡志のピアノが素晴らしいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

気がつけば、10月ももう後半。
日常生活でなんとなく撮った写真が少したまってきたので、まとめて載せますね。

最近は長文のブログ記事の割合が多いので、やや疲れ気味なんです(笑。

IMGP1695b
素朴なブルーデイジー。
背景のピンクがきれいだったので、マクロレンズで一枚。

IMGP1688
鮮やかな赤、黄、紫の実。緑色の葉と合わさって、カラフルな彩り。
観賞用の唐辛子だそうです。

R0010740
秋は夕暮れ、と枕草子にも書かれています。
夕暮れのコスモス。
とてもノスタルジックな気持ちになれて、大好きなマジックアワーです。

R0010751
大阪駅ノースタワーゲートビルが今年の5月にオープンしてからすっかりお気に入りになった、11階「風の広場」からの夕景。
右の梅田スカイビルの窓に、わずかにピンクリボンの明かりが見えますね。
毎年この季節、ピンクリボンが見られます。

R0010802
風の広場にコスモスが咲いていたので、ピンクリボンの明かりをバックに一枚。
コスモスとリボンのピンクが同じ色なのが、気に入ったんです。

こんな感じで、時々撮り貯めた写真たちを脈絡なく載せてゆければ、と思っています。
忘れた頃に載せることになりそうなので、たまにこのブログを覗いてくださればうれしいです。

Camera:
RICOH CX5
PENTAX K-7 with TAMRON 90mm F2.8 Macro


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMGP0673
今年も「藤」がみごとに咲いていました。
この素晴らしい紫色が大好きなんです。

京都・鳥羽水環境保全センターでの一般公開。

IMGP0680
やっと最近暖かくなったと感じていたら、あっという間に新緑がきれいな季節になっていました。
この日は、小雨が降っていて曇り空。
でも、この雨で緑が生き生きしているようです。

IMGP0695
藤と合わせて、敷き詰められている芝桜のピンクも鮮やかです。

IMGP0669
最近なかなかお出かけができなくて、ブログも書く気にならなくて…。
そんなうっとうしい気持ちをなぐさめてくれるかのような、元気な色たち。

IMGP0707
芸術大学の学生さんによる、ミニコンサートも開かれていていました。
こんなイベントを見ると、ゴールデンウィークという実感が湧いてきます。

きれいなものを目と耳とで味わって、とがった気分が少し丸くなったような気がしました。

IMGP0684
藤棚のトンネル。

ここを抜けて、また季節は次へ向かいます。
自分も次に向かってゆきたいし、一歩ずつだけど前へ進んでいるような気がしています…。

PENTAX K-7 with TAMRON 18-200mm F3.5-6.3

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ