Crux's Stardust Diary

クルックスの星くず日記

タグ: SNS

Nisshi  top
こんなウェブサービスを探してたんだ、と思うものに出会いました。

SNSのような、ブログのような、ソーシャル日誌サービス「Nisshi」 https://nisshi.in/ 
肩肘張らず、本音もすらすら書けてしまい、微かな交流ができるサービス。 
しばらく使ってみて、とても心地良いです。 

まず、どんなサービスかを簡単に。

●特徴
  • ブログのようなレイアウトで記事が書ける。ただし書けるのはテキスト文書のみで、写真などは貼れない。
  • 1投稿1000字、1日50投稿の制限。
  • コメント欄なしトラックバックなし、ダイレクトメッセージなし、いいね!などのソーシャルボタンなし、アクセスカウンターなし、検索機能なし。
  • ツイッターのような、フォローのシステムはあり。
  • フォロワーのうち何人が記事を見たかが表示される。その数字だけが唯一記事への反応。
  • ユーザーが許可した、すべての公開記事が一覧で見れるページ(Public Feed)がある。
  • Public Feedで他人の記事に言及した記事は禁止。記事同士でコメントのようなやり取り禁止。
多機能な最近のブログやSNSと比べると、わざわざ機能を削って、ないないづくしです。

●なぜ、ないないづくし?

何のために、こんなに機能を削っているんでしょうか?
それは、投稿記事への反応をわざと少なくするためなんでしょうね。

”コメントのようにダイレクトに読者の反応を得ることはできませんが、その分コミュニケーションに気を遣う必要がなくなり、義務感や拘束感から解放されたちょうどいい距離感の心地よいソーシャルなつながりを生み出します。”  https://nisshi.in/html/about

読者からの反応が要らないなら、ひとりプライベートで書けばいい。逆に、たくさん反応がほしいなら他のSNSで書けばいい。
Nisshiでは日記を他人に見てもらうから、書くことに張り合いがでてくる。でも干渉されないから気楽に書ける。
ネットで一人ぼっちは寂しいけれど、微かな交流でいい、というニッチな選択です。

でも多くの人は、話題になる記事を書いてたくさんコメントを貰ってアクセスを稼ごうなんて、派手なことを望んでいないと思います。そんなのはアフェリエイターなどの商業ブログ。
そう考えると、個人ブログやSNSとしては、このNisshiはニッチどころか王道かも。 

●Nisshiの個人ページ 
goto motoshi s nisshi   Nisshi
これは管理人さんのNisshi。
広く公開されているので、恐縮ですが一例としてスクリーンショットを掲載させていただきました。
自分のページを載せるのが筋なのですが、今のところ内緒にしておきたいので。

Nisshiは、どのページもデザインがとても洗練されています。

●Nisshiで何が書かれている?
さて、こんな他から干渉されにくい環境で何が書かれているんでしょうか?
そこには、普段出せない心情が吐露されている事が多いです。やっぱり恋愛関係が目立つような。
恋愛以外でも、内省的な投稿をよく見かけます。

どんな恥ずかしいことを書いても、咎められたりおだてられたりしない(他人の批判など、規約違反は論外)。だから本音が書ける。 
それを読む方も、飾り気の無い気持ちを見ることができるから、共感を呼ぶんでしょう。これがNisshiの面白いところ。
特に公開された記事が一覧で見られる、Public Feedを読むのが楽しい。

●記事に反応を返せないのがいい
ここでのポイントは、記事に反応を返せないこと。コメント欄はなく、ソーシャルボタンもありません。
他の記事で言及するのも、Public Feedでは禁止。

もどかしいのですが、それがいいんです。反論からの喧嘩や炎上を生じないだけでなく、共感が広がりすぎることも避けられる。馴れ合い過ぎない。
だから静か。だからしんどくない。

●一体感の心地よさ
Public Feedを見ていると、なんだかユーザーのゆるやかな一体感が生まれているように思えます。
そしてその中に自分がいます。
こんな繋がる心地よさも、Nisshiの特徴でしょうか。

●新しい境地のSNS?
Nisshiでは、他のブログやSNSではあまりお目にかかれない、素朴な心の声を聞けるし、自分も書ける。
そんな投稿を引き出すなんて、実はNisshiはSNSの新しい境地かも知れませんね。

●追記
すみませんが、僕のNisshiページへのリンクはここには載せていません。今は、静かに過ごしたいので。 名前もアイコンもこのブログと違います。
でも、もしNisshiに参加して僕と思わしき人を見かけたら、静かにフォローしてもらえるとうれしいです。

では、Nisshiでお待ちしています。 
「Nisshi」 https://nisshi.in/  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Twitter、Facebook、国内3大SNS、Google+、そして新星のLINE。
いまSNSが目白押しです(TwitterやLINEは広義のSNSですけど)。

これらは反応がすごくいいですよね。投稿するとたくさんコメントがもらえたり、いいね!を押してもらえたり。
投稿しがいがあります。
一方ブログは、一生懸命書いてもコメントは少し。 暖簾に腕押し状態。
虚しくなっちゃって、やっぱり反応が良い流行りのソーシャルメディアに行きますよね。 

でもね、反応がたくさんあると楽しんだけど疲れちゃう。やっぱりコメントには返信するし、コメントをくれた方の投稿にコメントしたりして。時間がいくらあっても足らない感じです。
いわゆる「SNS(ソーシャル)疲れ」。
R0011401
●SNS疲れを経てブログを再評価

今SNS流行の中、自分はもう1年以上前からSNS疲れになってしまいました。

4~5年前にTwitterやFacebookに登録して、これらが世間で流行ってきた頃に自分は放置状態。
Google+は一般解禁初日から参加はしてみたものの、1ヶ月経たないうちに放置。一番たくさん投稿していたマイクロブログpickでさえ疲れてしまい、放置気味…。

でもね、ネット上のどこにも自分を発信できないのは、これまた寂しいものなんです。 
そこでブログを見直しました。

ブログは自分の好きなことを字数制限なしにたっぷり書ける、写真も載せ放題。それに一日何回もつぶやかなくていい。
でも記事はツイッターなんかの発言と違って流れず、ストックとして長く読まれる。 このブログも検索エンジン経由のアクセスで昔の記事がいまだに人気です。長く読まれると記事の書き甲斐があるんです。

しかもコメントが少ないことが幸いして、ソーシャル疲れが起こりにくい。
読者は人知れず読みに来て下さって、人知れず帰って行ってくださる。こちらは訪問者数として数が分かるくらいだけど、それもまた気軽で嬉しい。どんな人が常連さんとして読んでくださっているのだろう、と想像するのも楽しい。
そして時々コメントをいただいたり、ツイッターで言及してくださるのもとても嬉しい。
そんな気持ちで、疲れず楽しく発信できています。

もちろん今どきですから、記事投稿時に自動的にツイッターやフェイスブックで通知するように設定してます。
流行りのソーシャルメディアと付かず離れずの関係を築くことができます。もっとも、ブログもソーシャルメディアですけど。

でもでも、時に人恋しくなって、交流の多いソーシャルメディアに戻ったりするんですよね。でまた疲れてブログにこもる。
ほんと自分って、そして人って、無い物ねだりだなと呆れながら。
R0011308
●ブログを自分の城に

おそらくもう1~2年くらいすると、今TwitterやFacebookで頑張って投稿している人が疲れてしまったり、自由なレイアウトで書ける空間を求めて、同じ様なことを考えるんじゃないかな?
その人達がブログを見なおせば、またブログが賑やかになってくるかも知れないなんて思っていると、ひとつの記事が話題になっているのを見かけました。
ブログなんて今「第3次ブログブーム」なんて言われていますよね。FacebookやTwitterを経て「やっぱり長いテキストはブログに書きたい」という人がまた増えてきている。
それっていろんなWEBサービスを相対化してみて、改めて「ブログも良かったよね」という認識に落ち着いたということなんじゃないの、と思います。
元はてな・GREEのプログラマ 伊藤直也が語る、ソーシャルメディアの功罪。[後編]
まったく自分もそんな経過をたどって、ブログを再評価していたのです。
でも、今って第3次ブログブームだったんですか?
まあ、SNS全盛の中での静かなブームというか、ウェブの先端ユーザーいわゆるアルファな人たちの間のブームなのでしょうけど。

ブログはネット世界で疲れた時にこもることのできる、便利な自分の城なんですね。
その根城から、いろんなソーシャルメディアに出かけていく感じです。

TwitterやFacebookのみに参加している方は、自分の城としてブログを開設しておくのも良さそう。
今はたまに記事を書くくらいで放置していても、そのうち安住の場所として役に立つかも知れないですから。

Photo with RICOH CX5


関連記事:「なぜブログを書くんだろう? -わたしはここにいます-」  http://crux.ldblog.jp/archives/3279874.html 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

話題のSNS、Google+が一般公開されて、もうすぐ1ヶ月が経とうとしています。
自分もGoogle+一般公開に合わせて参加したので、そろそろ始めて1ヶ月。

そこで感想をまとめ、どのような使い道が良さそうなのか考えてみました。

Crux Polaris   Google
CruxのGoogle+ページ http://plus.google.com/104514830499872074953/posts

Google+はいろんな使い方ができるので、
まず前提として自分の状況を書きます。

・自分はIT業界人ではなく、ITやウェブに興味を持つ普通の人間。
・リアルの知人友人は参加していない。
・友だち候補(おすすめユーザー)中心に、Google+でメジャーな方をサークルに入れた(=フォローした)。
・他のSNSでのお友だち(10人弱)も、Google+でサークルに入れた。
・自分がサークルに入れている人、入れられている人、いずれも数十人。


IT業界人でないユーザーの前提しては、わりと一般的ではないでしょうか?

では、1ヶ月で感じたGoogle+の良い点と少し辛い点を挙げてみます。
なお、Google+の機能についてのレビューや感想はいっぱいありますので、ここでは内容について考えてみます。

良い点
・IT関係の情報収集に優れている
IT業界の第一線の方が先陣を切って参加されただけあって、IT関係の情報は早くて的確。
ただこれだけなら、Twitterでもフォローする人次第で十分可能です。
Google+の利点は次のところにあると思います。

・コメント欄でコミュニケーションができる
それぞれの投稿にコメント欄がありますから、たとえば自分のような素人でも記事を投稿したIT業界の方に直接意見を伺えます。
他の詳しい人がコメント欄で答えてくださったりもします。これが非常にためになります。

Twitterなら@でリプライを飛ばすと同様のことができますが、どうしても気後れしてしまいますよね。それに他の人のコメントまで追うのは難しい。
このあたりは、SNSの強みでしょう。

辛い点
・独自のネタを持っていないと投稿しづらい気がする
人の投稿を読む分には楽しいのですが、いざ自分が投稿しようと思うと、少し敷居が高いように思っています。

人気を集める投稿の多くが、ネット関連や面白ネタなどのニュースや、綺麗な写真の引用です。
面白そうなニュースが出ると、すぐにアンテナの高い方がGoogle+に投稿されます。

これは見る方からすると良い点になるのですが、自分が投稿しようと思っても既に誰かが投稿されていて、コメント欄での議論すら終わっていることがよくあります。
投稿者としては、自分のような素人がIT業界の方に敵うはずもありません。
なので、自分にはニュースを引用しての投稿は難しい。

またGoogle+アイドルのような方は、ちょっとした投稿でもたくさんの+1(いいね!)やコメントがつきますが、もちろん自分はアイドルではない。

かと言って、Twitterでよくみかける「おはよう」や「お腹すいた」をぼそっとつぶやいても、有名人や普段から活発に投稿している人以外は反応があまりない。情報性が低い投稿はし難い雰囲気。
 
唯一、多くの人に少し気に入って貰えそうな、自分で撮った京都の名所(下の写真)などを出してみると、確実に+1やコメントを頂けます。 
でも、毎日いくつも投稿できるものではありません。

なので、結局あまり投稿できるネタがなく、投稿を読むことが中心になっちゃう。
そして、時々+1ボタンを押したり、コメントで質問や茶々を入れさせて頂くことになります。

自分だけでなく、ネタがなくて投稿できない人は結構多いんじゃないかな?

R0010520
(例えばこの写真(京都嵯峨野・祇王寺)は、「+1」を10個いただきました。)


投稿できるネタを探しだすか、情報収集目的と割り切るか?
Google+を情報収集のツールと割りきってしまえばいいのですが、やはりSNSなので、自分で投稿をしないと半分しか参加していないように感じてしまいます。

Tumblrのようにリブログすることが一般的なら、投稿の満足感が少しは得られるのかも知れません。
Google+にも共有機能があり次々と共有している方もおられますが、やはり自分で書いた投稿や掘り出してきた記事の紹介に比べると反応が薄いようです。
自分が綺麗な画像を集めたいならTumblrですればいい、という雰囲気をGoogle+に感じています。

ですので、投稿するときの敷居の高さがちょっと…と思うのですが、それは良質で効率の良い情報収集ができることの裏返しなんですよね。

Google+にとっては、いかに情報の質を維持しつつ参加者を増やしてゆくのかが求められるのかも知れません。
それとも、Facebookのようにリアルの知人間で使うSNSを、Google+も志向するのでしょうか?

今のところ自分にとっては、有益な情報を湯水のごとく流してくださる方々に感謝しながら、情報収集目的を中心にGoogle+を使ってゆくのがベストかと思っています。
でも、もうちょっと何らかの投稿もできるように考えたいなぁ。


CruxのGoogle+ページ http://plus.google.com/104514830499872074953/posts
気軽にサークルに入れてやってください。

このページのトップヘ